アルバイトを経て人気のある薬局への薬剤師の転職

無計画な転職活動を反省

せっかく薬剤師免許を取得したのに…無計画な転職活動を反省薬剤師の人気の求人は難関!転職活動はタイミングが重要

せっかく薬剤師になったのにその職能を生かせていないというのがストレスになり、仕事を辞めて転職することにしました。
病院が近くにある薬局なら処方箋枚数も多くて、本来の仕事に携われるだろうと考えて決意したのです。
地元にある近くの病院の側にはいつも人が溢れていて人気の高い薬局があります。
福利厚生が充実していることから薬剤師からはこの辺りでは人気が高く、調剤ができるという点を考えると私にとっても魅力的に感じました。
そこで、なんとかその求人を狙って転職しようと考えて、辞職をして活動を始めたのが働き始めてから一年と少し経ったときでした。
仕事をするのがストレスになっていたことから思い切って辞職してしまったため、すぐにでも転職に成功しなければならないというプレッシャーがありました。
実際には辞めてしまったのに後悔していて、働きながら求人をよく確認しておけば良かったと思います。
そのときにはその人気の薬局からは求人募集がなかったのです。